ホーム  >  介護のあれこれ  >  いざという時のために  >  災害が起きたら  >  災害が起きたら…避難所生活での注意点B

いざという時のために

災害が起きたら…避難所生活での注意点B

B心の健康に関する注意点

被災された方の多くは、大なり小なり心に傷を受けています。
また、余震への恐怖や将来への不安などで心身に不調を抱えてしまうこともあります。
心身のバランスを欠くことで、体調悪化や閉じこもり、認知症状の悪化に繋がる場合もあります。
これらのことを防ぐためにも、高齢者は避難所内で顔なじみを見つける、話し相手を作るなどして周囲からの孤立を防ぐことが、避難所生活においては重要なこととなります。

なお、以下のような状態が長く続くときは、避難所の保健医療スタッフに速やかに相談しましょう。

  • 不眠が続く
  • 不安感・焦燥感・孤独感などが長期間続く
  • 気持ちが落ち込む、倦怠感が続く、情緒不安定になる
  • 避難所での人間関係に悩む