ホーム  >  介護のあれこれ  >  いざという時のために  >  災害に備えて  >  救急車を呼ぶときの手順

いざという時のために

救急車を呼ぶときの手順

救急車を呼ぶときには、呼ぶ前に以下のことを確認しましょう。

  • 意識はあるか?
  • 脈はあるか?
  • 手足は動くか?
  • 呼吸はしているか?
  • 瞳孔は拡大しているか?
  • 出血はあるか?

救急車を呼ぶときの手順

  1. 119番に電話する
  2. 「救急車をお願いします」
  3. 住所、道順を伝える(国道や県道などの幹線道路、コンビニ・看板などの目印)
  4. 傷病者の名前、年齢、性別を伝える
  5. 事故の状況を説明する(いつ、どこで、だれが、どうして、どうなった)
  6. 指示を受け、それに従う
  7. サイレンが聞こえたら案内、誘導に出る
  8. 救急隊員に状態を説明する(容態の変化、応急手当の内容、持病、服用している薬、主治医などを伝える)

※同行するときは、戸締りと火の始末を忘れずに。家族がいない場合は近所の人に伝えておくこと。

携帯電話から119番通報する時の注意点

携帯電話など移動電話からの119番通報が急増しています。
携帯電話からの119番通報は、管轄する消防本部で直接受信できますが、消防本部の境界付近での119番通報は、管轄以外の消防本部へつながることがあります。その際は消防本部 間で転送してくれるので電話を切らずにつながるのを待ちましょう。

  • 通報する前に、所在地を確認しましょう。わからない時は、表札、目標物(橋・バス停・交差点・コンビニなど)か、近くの人 に場所を確認して通報してください。
  • 携帯電話からの通報であるということを係員に告げてください。
  • 運転中に通報する場合は、安全な場所に停車してから通報してください。
  • 消防本部からかけ直す場合がありますので、通報後10分程度は電話の電源を切らないでください。
  • 近くに加入電話があれば、なるべくその電話を利用するようにしましょう。