ホーム  >  介護のあれこれ  >  いざという時のために  >  災害に備えて  >  災害に備えて・・・避難生活と介護

いざという時のために

災害に備えて・・・避難生活と介護

自宅で介護を受けている高齢者が避難所で生活にするにわたって、様々な問題点が出てきます。おむつを使用している場合、避難所でのおむつ交換が困難な場合や、おむつが不足することもあります。また認知症の場合、避難所で迷子になったりすることもありますので注意してください。寝たきりの方の場合、十分な介護スペースを確保できない場合もあります。高齢者に関わらず、避難所生活はとても身体的、肉体的に負担がかかります。災害弱者(この場合は介護が必要とする高齢者)はやはり避難所生活ではなく介護・医療設備が整っている施設(例えば、老人ホームや病院など)に預かってもらった方がよいので、避難所の職員に相談してみましょう。