ホーム  >  介護のあれこれ  >  いざという時のために  >  災害に備えて  >  災害に備えて・・・一次災害を想定した避難計画

いざという時のために

災害に備えて・・・一次災害を想定した避難計画

一次災害

一次災害とは災害そのもののことなので、避けて通ることはできません。しかし、万が一災害が訪れた場合を想定して、いくつかの大事な点を心得ていれば、被害を最小限に抑えることが出来ます。また次に起こりえる二次災害の防止にもなります。

災害が起きた時、どう対応すればいいのか覚えておきましょう

災害に備えたいと思っていてもなかなか、重い腰を上げるきっかけがありません。しかしそう簡単には災害の準備はできません。備えるには時間がかかる場合もありますので、それも踏まえて考えていきましょう。

  • 災害時はどんな場合でも慌てず、行動してください。
  • 風や台風などの状況を、ラジオ、テレビなどで注意をし、最新の情報を入手するよう努めましょう。
災害の対応
  • 市区町村、消防署、警察署からの避難の呼びかけには十分注意しましょう。
  • 避難する前に、ガス、電気・ブレーカーや火種の原因となるものをすべて消し、避難場所を再確認するとともに、万が一途中で家族が離ればなれになったときの集合場所を決めておきましょう。
災害の対応
  • 地震がきたら、まずは身の安全を確保してください。揺れがおさまるまで、机の下など丈夫な家具に身を寄せましょう。丈夫なテーブルの下などに逃げこんで、脚を持ちましょう。近くに机などが無い時は、座布団などで頭を保護してください。
  • 地震が収まったからといい、むやみに移動をしないようにしてください。けがの原因になりえます。室内の落下物、破損物に十分注意しましょう。
災害の対応
  • 玄関・部屋のドアや窓を開けて非常脱出口の確保をしてください。建物がゆがみドアが開かなくなることがあります。まず出口を確保しましょう。
  • 地震の場合、すばやく火の点検、火を点けている場合はなるべく火の始末をした方がよいでしょう。落ち着いて火を消し、ガスの元栓を締めてください。火事になった場合は自分だけで始末するより、大声で応援を呼び、近所の助けを借りましょう。万が一火が天井まで回った場合は、消化はあきらめてすばやく逃げてください。
災害の対応
  • あわてて外に飛び出すと大変危険です。逃げるときは、ガラスなどの落下物に十分注意しましょう。
  • 山崩れ・崖崩れに要注意。危険な場所ではすみやかな避難行動を取りましょう。津波が来る恐れのある場所にいた場合は、津波情報がでるまで待機するのではなく、すぐに避難をしましょう
災害の対応
  • 避難は徒歩でしてください。荷物は必要最小限にすること。車の使用は厳禁です。道路はけが人や救出のため緊急車両が優先されます。
  • 家の外も大変危険です。狭い路地、門柱、屋根瓦、ブロック塀、看板や自販機、電柱など倒れる可能性のあるところには注意し、近寄らないようにしましょう。高い建物がなく広い場所、学校の校庭や公園などが比較的安全です。
災害の対応
  • 高齢者や体が不自由で自力で避難出来ない場合は、周りの人たちに助けてもらい一緒に行動をしましょう。またみんなで協力し合って、けが人や病人の救護処置を行いましょう。
  • 正しい情報を収集しましょう。デマに惑わされることのないようにして、正しい情報を入手してください。また冷静な行動をとるよう努めましょう。
災害の対応

ライフラインについて

地震などが発生するとライフラインが止まってしまう場合があります。ライフラインとは電気・ガス・水道等の公共公益設備や電話やインターネット等の通信設備、圏内外に各種物品を搬出入する運送や人の移動に用いる鉄道等の物流機関など、都市機能を維持し現代人が日常生活を送る上で必須の諸設備を言います。日本語では「生活線」または「生命線」と表現されることもあります。